スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会レポ 4/20

場所:いとう聖蹟
参加:16
形式:ダブル
仕様:宝石騎士

権利戦だったので、完全に勝ちに行くつもりで参加しました。

一回戦:卑弥呼アルテミス ○
スロースタート気味だったのでアシュレイから様子見しようと思ったけど、乗っかったクリティカルを受けてくれて相手が4点になったので、サロメになる必要性が無くなったためそのまま殴りきって終了

二回戦:ガントレットディセンダント ☓
身内のK君。ほぼ決勝卓みたいなメンツでした。
相手がガントレットに乗り、2:3の点数。攻め込めば押し切れそうな感じではあったけど、手札6枚の内G3三枚守護者0枚だったため、泣く泣くV1パンに終わる。
返しのターンこちらも3点になるが、トップが守護者。完全にゴーサインが出たので、一気に仕掛ける。
ここから相手のガントレをひたすら耐える試合だったけれども、こちらはヒールを三回不発させてるのに対し相手は二回有効。最終的に追い詰め切れずに負けました。
そしてK君はそのまま見事権利を取って行きました。

三回戦:ボーイングディセンダント ☓
G2事故を3ターン程。
が、相手はボーイングに乗ってからアタッカーが完全に崩壊していて、こちらはシビルを引いてからそのままサロメにつないで一気に盤面を補完できた為、大逆転勝利…
と思いきや、最後の最後でディセンダントに乗られて単騎のディセンダントにドヤ顔でECB4乗っけて殴りかかって来たのでさっさと死にました。

結果 2-1

明日は人魚大会です
スポンサーサイト

【1.0】ココ

FV ルル *1
☆ *12

G1 ジェミニ *4
G1 ラックバード *4
G1 しょこら *4
G1 ダークキャット *2

G2 もか *4
G2 スサノオ *2
G2 トム *2
G2 ライブラ *3

G3 CEO *2
G3 日輪 *2
G3 ココ *4

(14-11-8)

ほとんど丸々参考にした形のデッキですが、変更箇所と全体の理由をしたいと思います。
とりあえず現状は、ラックバードを多用する為のデッキといった感じです。
ココとアマテラスのハイブリッド型で、方向性が見失われている感じですが、実際に使ってみると器用に軸を変えるプレイングが可能です。

・G0
ココを投入するのにルルを未使用の場合、七段環境以前のそれと同じなので、ココが入る段階でルルが確定です。
従来のココよりもドローソースが多いので、☆12は確定になります。

・G1
パワーライン安定用意のジェミニが4。8kユニットが大半を占めるので、一枚は確実に引きたいです。
従来のココと違い、SCされることが多いので、それを利用するためのラックバードが、とりあえずコンセプトとみなし4投入からスタートします。詳細は下記。
しょこらは何も考えず4。
余った1枠が事故回避要因のダークキャットになります。ここは他のパワーカードを試す事が可能な枠ですが、その場合ココライド時のおむれっとかアマテラスライド時のケイ互換になり、優先ライドココの観点からおそらくおむれっとが有力です。

・G2
5kユニットが非常に多い為、11kユニットが非常に機能します。
その為、もかが4入ります。
5枚目移行のもかの意味と、アマテラスがサブVの構築なので、スサノオが2枚入ります。
トム搭載可能な形なので、2枚入ります。
残った枠にアマテラスライド時のCB要因としてライブラが3枚入ります。
スサノオとライブラが調整要因でしょうか。後述しますが、ライブラが非常にデッキ全体を安定させる要因になっています。

・G3
ココが最優先ライドなので4枚。
サブVのアマテラスは日輪の可能性を見る為に、CEOと日輪が2:2で投入されています。
3:1も有力ですが、日輪は不利の状況で適切なプレイングをすれば巻き返す力があると思います。


第一にルルの移動場所ですが、とりあえず現状は、優先ライドココ、且つジェミニを引かない場合且つ再ライドがしばらくない、といった状況であればV裏でも可能かもしれない感じです。基本的にはR裏が安定だと思います。
V裏は相手が10kだったり、中盤以降CEOから動く事がなさそうであればダークキャットでも良さそうですが、基本的にはジェミニがほしいです。その場合どのG3でも21kの可能性があります。
理想盤面は、
[11k][V][any]
[ルル][ジェミニ][ジェミニ]
が基本になると思います。この形を狙うまでの繋ぎとして、ラックバードを利用して回すデッキです。
anyの枠がトムだと非常に強力なので、R裏もジェミニが理想です。
コストが余っている場合で相手に9kのRがいる場合、11kの枠がライブラであれば10k要求が可能です。

・ラックバード
条件を満たせば11kを上回るユニットが多いのと、ライブラに関してはRの9kを狙えばいいので、後ろが5kでもなんとかなる状況は多いですが、基本的には目的のカードを引くまでの繋ぎです。
ラックバードを場に出して1ドローすることは、5kを捨てて1ドローの上位になります。ラックバードを場に維持できるならそれに越したことはないですが、その後張り替えても1:1交換になるだけです。躊躇なく張り替えるのが正解だと思います。
逆に張替えを躊躇し、5k下がる要求を1回すればラックバードのアドバンテージが消え、2回目以降その度に5kの損失になります。

・優先ライド、Vによるライブラの使用方法
○G1
ジェミニが最優先パーツなので、ジェミニライドは避けたいです。
のこりはしょこら、ダークキャット、ラックバードになりますが、
ライブラも持っている場合、ラックバードに乗ることで相手がラッシュかけてくれば、返しのライブラが強力です。
ココライドの場合、ラックバードの使用タイミングはかなり後になるので、序盤に不必要な札となり優先ライド要因になります。しょこらを温存するスタンスです。
日輪ライドであれば、こちらが不利状態になることで日輪が活きるので、受けざるを得なくなってもそこまで問題はありませんが、そもそも日輪を生かして不利になるというのは本末転倒な気がします。
ライブラがいないCEOライドの時のみ、序盤に点を受ける事により得られるものがない上に、ラックバードが最優先札になりますので、ダークキャットがあればそちらになります。

○G2
ココライドが確定の場合、ココはコストに割くので、ライブラが有効になるタイミングは非常に後になります。よってライブラが優先。
アマテラスライドの場合、ライブラはRで機能させたいので、もかかスサノオが優先候補です。スサノオはアマテラスライド時用の札なので、消去法でもかが有力なのですが、防御力と受けたい点数が矛盾するのが問題です。日輪の場合はライブラでも大丈夫だと思います。

○G3
基本的にココに優先ライドし、2回目のココを狙うかCEOに乗ってラックバードで整えつつ、あわよくば日輪CRを狙うかという形になります。CEOに乗った場合はライブラを機能させます。
CEOに乗った場合は、そのままライブラを使用し戦い、日輪CRを狙うのが理想です。ライブラのCB2の1アドと、ココ再ライドの1アドは等しいですが、Rにアタッカーが残るという点でライブラに割いた方が確実です。
日輪に乗った場合に、あえて相手より不利な点差にし、4:3にしてから日輪を意図的に機能させるプレイングに関しては要検証です。確実に日輪が威力をだし、☆12なのでRからの巻き返し力は非常に高いとおもいますが、根本的に真っ直ぐいって押し勝てるのであればそうするべきだと思います。

【1.0】エンペラー

最初カタパルト軸だったのですが、素直にこっちのパーツ買って来ました。

FV メカ・トレーナー *1
☆ *8
引 *4
治 *4

G1 レックレス *4
G1 マリリン *4
G1 ワンダーボーイ *2
G1 デイジー *2
G1 ゲイリー *1

G2 ブラックパンサー *4
G2 メイソン *4
G2 ブラッキー *3

G3 ドラッガー *4
G3 エンペラー *3
G3 ジャガーノート *2

他の方のレシピをほとんどそのままコピーした感じになっていますが、自分で試したいカード、枚数でとりあえず組んでみました。
変わる要素はデイジーと、G2の配分だと思います。

・G0
ゲイリーギャノン採用の為メカトレーナー以外の選択が出てこなくなります。
それ以前に最強クラスのFVだと思います。
追加のドロートリガーが待ち遠しいですね。カードファイトパックあたりできませんかね。

・G1
BR時、ファイナルターン時の詰め要因としてのパンプシリーズのベクトル統一の為、レックレス4。非常に汎用性が高いです。
G3が9枚というのもありますが、、根本的に環境的にマリリンが4枚。
パーツを確実に揃えて理想の動きを追求するデッキタイプなので、V裏に置いて毎ターン手札交換を計りたいゲイリーギャノンを1枚。メカトレーナーで呼べる為、使えなくなる状況は1T目のダメージチェックか、初手にG1がゲイリーギャノン1枚のみでライドしてしまった場合のみになります。8%くらいだと思いたいです。
残りは根本的な機能には関わらない自由枠になるのですが、間違いなく安定するのはワンダーボーイです。とにかく押しこめば勝ちに直結するデッキなので、序盤から走れるカードは非常に助かります。
が、せっかくの自由枠なので試す要因としてとりあえずデイジーを2枚いれていました。
しかし元々この枠はUFOが入っていたのですが、メイソンから出すタイミングは10戦やって1回しかなかったので、デイジーでも同じ話かもしれません。他のG1もひと通り試してみる事は可能ですが、パッと見た感じ直接機能に直結しそうなカードはありませんでした。ワンダーボーイ4に落ち着くと思います。
サイクロンブリッツが唯一使ってみる価値があるかなと思います。

・G2
G3が溢れる事を回避し、揃いにくいG1を揃える事も可能とコンセプトに最大にマッチするメイソンが4。
単純にパワーの観点からパンサーが4,ブラッキーが3で試してみましたが、
ベクトル性の統一を考えるとブラッキーが4の方がしっかりしていると思います。

・G3
最優先ライドのバッドエンドが4。コレにライドできない場合は相当苦しいです。
BR対象のエンペラーが3。優先ライドされることはないので、相対的にバッドエンドより少なくなります。
最強クラスのG3アタッカーのジャガーノートが2。1枚の場合、詰めの状況で握るのが難しい上に、序盤に場に出すことが厳しくなります。


理想的な動きをするという観点では非常に安定しています。
ライド事故が結構多かったのですが、なぜかG2G3事故だったので偏りだと思いたいです。
根本的にかなり特殊な形のデッキなので、マリガンからプレイングまでが従来と違う印象があります。

初手G3にバッドエンドがなかった場合は戻します。
ゲイリーキャノンがあり、他のG1が存在しない場合も戻します。

プレイングに関しては理想の盤面を作れば勝ちというのはありますが、それを欲張ってカードを温存すると録に殴れず、本末転倒になってしまいます。
確実に殴りながらゲイリーで手札を整え、パーツが揃った段階で仕掛けに行きましょう。
基本的には重足型のデッキだと思いますので、序盤にしっかり止めたいです。

大会レポ 4/5&4/7

最近これまとめた所で誰が見ているんだ?と思い始めて大会でても書くのがめんどくさくなってきた。冷静に考えると需要が謎。
放送でのコメント見るに結構見てくれてる人はいるらしいけど、記事側にコメントついたほうが気が楽です。

4/5
場所:立川フルコンプ
人数:30くらい
形式:ダブル
使用:宝石

一回戦:マジェ ○
こっちが非LBで4点まで押し込んだのにもかかわらず、ひたすら3点止めしてくれてたせいで何もすること無く勝ちました。

二回戦:ディセガント ○
細かい事は覚えてないけどかなりスレスレだった記憶はある。
相手がツインドライブでディセンダント二枚チェックするも、全然場に出してこず、いざ出したい終盤では横が枯れてて出せないという謎なことになってました。

三回戦:卑弥呼アルテミス ☓
序盤で軽く4点にしてくれ、相手3点からサロメに乗ってVに21k☆2で殴る
前ターンで櫛名田が見えていたので、普通に止めてもらおうと思ったらまさかのノーガード!恐らく自分が3点止をしてくると思ったのでしょう。
例によって☆は引かず、<引>を引いて横に乗っけて、Rの10要求を受け15要求を櫛名田という不思議な事をされ、返しのターンにアルテミスLBからダブルヒール。
こっちのターンでもう1点与え、返しのターンに☆ヒール。
そのまま時間直前までもつれ込み、残り2分になった所で、もう次のターン回ってこないだろうと思ってティファニー挿してシビルでシェリー呼んで押しつぶしてーとかやったけど耐えきられ、返しのターンで5k足りなくて死亡という残念な結末でした。
まともに対応していても恐らく時間切れで両者死亡でした。

四回戦:ヴェールエターナル ○
G2事故2ターンしましたが、パンチ数の差で勝利。

五回戦:ディセガント ☓
序盤からかなり優勢で、完全に押し込めムードでした。
相手がチェックでガントレットを引いたので、これは一気に返されるかなと思い身構えていたらディセンダントライド。
自分の手札9で守護者2だったので、コレは何されても余裕かなと思い全力で攻めた結果、
返しのターンにECB2回からディセンダント起動して、四枚中三枚トリガーを引き、横のサンダーブームが25要求☆3で殴りかかって来た為手札が吹っ飛び、
自分のターンにティファニー刺して決めにいくも届かず死亡。
ティファニー挿すのに賭けて活きた試しがあまりない。

結果:3-2
ジェネシスに毎度決勝進出を阻まれている感じがします。
全体的に甘く見られている印象がありますが、なんだかんだで安定して強いような印象が…



4/7
場所:いとう聖蹟
形式:ダブル
参加:13
使用:借り物スパイク

デッキを置き忘れた為、hohe君から借りたスパイク。例によってかなりユーモア溢れる構築だったので、知らないカードを触れる機会になり良かったです。目的はカードファイトパックだから結果はいいのだー

一回戦:イルミナルアズール ○
BR決めてダブクリして1ターンに130k要求して勝利。
マジキチでした。

二回戦:イルミナルエシックス ○
ナカネ君。
ライドがダン→8k+3k→ジャガノと相当キチってましたが、諦めて序盤からラッシュをかけたらヒールを引き、点差がうまい具合にひろがり押し切れました。

三回戦:パシフィカヴェール ☓
全体的に身動きが取れない状況で、どう動けばいいのかわからないままとりあえずエターナルに三点止めしたりしていたのですが、
R裏に置いていたダッドリーファントムのテキストを完全に勘違いしていて、ほとんど投了する形に。
普通に続けてみましたが普通に負けました。

四回戦:エイゼルガルモ ☓
G2事故な上にG3が溢れかえりまくってて素晴らしかったです。
相手が僕1点とかなのに常にちゃーじがる効果付きで殴りかかって来てなかなかマッシヴでした。

その後、ナカネ君のココアマテを借りて回してみたら超気に入り、家のトム4枚のまま放置されていたオラクルを同型にパクるというゲス技を繰り広げました。
そしてスパイクの動きにのめり込みドラッガーとエンペラーを買って帰宅という洗脳のされ方でした。

プロフィール

Author:kei_iwata
作曲したりボーカルやってたり絵を書いていたりの傍ら、ヴァンガードに没頭している一ロリコン。
twitter:kei_iwata
HP:http://kei.raindrop.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。