スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【1.0】アモン

FV シャドー *1
☆ *8
引 *4
治 *4

G1 誘惑 *4
G1 スラスター *4
G1 ラビット *4
G1 ボルト *2

G2 媚態 *4
G2 リッパー *4
G2 テラー *4

G3 アモン *4
G3 アビス *1
G3 バジリスク *2

(17-14-12-7)

G2時に除去でもドローでも返せて、トリガーを問題なく場に出しなら簡単にR15k要求で殴る、が今のダクイレの立ち位置かなと思います。

・G1
序盤のパンチ数が優先される以上誘惑>ボルトになるため4:2で入っているが、盤面が充実している上でのボルトはなかなかに強力。
スラスターは序盤からバンバン起動させてバンバン殴りましょう

・G2
テラーとリッパーどちらを使うかは選択可能な盤面が多いですが、強烈な仕掛けに対して返す場合以外はリッパーはG2ライド時には使わず、テラーの方が順調に進む感じがします。
先攻のテラー、後攻のリッパーというのはあるかもしれません。先攻の場合シャドーはV裏でも13kになるので、止められることはそうないでしょう。後攻でテラー使う場合は裏に5k以上が欲しいのは辛い所。

・G3
ライド事故回避のアビスが1。スラスター前のバジリスクが2。最近この4:1:2が非常にお気に入りです。非常にバランス良く、綺麗に仕事してくれる感じがします。
スポンサーサイト

【1.0】レオパルド

FV オーム*1
☆ *8
引 *4
治 *4

G1 モノキュラス *4
G1 ダッグビル *4
G1 シープ *4
G1 ウルフ *2

G2 バイナキュラス *4
G2 パンダ *4
G2 キャメル *3

G3 レオパルド *4
G3 ポラリス *2
G3 ポンガ *2

(17-14-11-8)

仮組みなので軽くだけ。
・G1
ダッグビル:擬似的にルーターとして機能するのが素晴らしいですね。4枚確定。
ウルフ、モノキュラス:コンセプト的にモノキュラスの方が上なのでこうなりましたが、正直ウルフも欲しい所。モノキュラスは序盤に1枚あればいいのだが、その1枚を引けないと死活問題になりかねないので、4枚から減らすのは怖い所。
・G2
バイナキュラスは確定。
パンダが21k候補というのはいいのだが、それ以上にコストが余るので確実に返すためにもキャメルが4でもいいかもしれない。
反面、トリガーをやりくりすればパンチ数は確保できるので、キャメルをカウンターに据えなくてももしかしたら…?
・G3
悩みどころ。ポラリスはポラリスで非常に協力で、うまいこと相手五点時に乗れればいいのだが…
R要因としてポンガ。クロコダイルだった所にそのまま入る形で、ジエンドなんかを相手にしている時にワンチャンスあるかもしれない。無理なく入るメタカードという印象。+2kのお陰で後ろがトリガーでも21kに届きます。
FVがオームなのでG3を一応8枚にしていますが、V用は6枚なので実質G3が6枚と大差ないんですよね。オームやダッグビルを使えば1-2枚は掘れるので、G37枚と強気に出たほうが良さそうです。

細かい事は書きませんが、以下第二案。

FV オーム*1
☆ *8
醒 *4
治 *4

G1 モノキュラス *4
G1 ダッグビル *4
G1 シープ *4
G1 ウルフ *3

G2 バイナキュラス *4
G2 パンダ *3
G2 キャメル *4

G3 レオパルド *4
G3 ポラリス *2
G3 ポンガ *1

(17-15-11-7)

【1.0】守護天使

だんだんまとまってきました。

FV ペヌエル *1
☆ *12(クリティカルヒット*4)
治 *4

G1 ハスデヤ *4
G1 アラバキ *4
G1 アニエル *4
G1 イエクン *2

G2 ラグエル *4
G2 サリエル *3
G2 ノキエル *1
G2 ベカ *3

G3 ザラキエル *4
G3 レミエル *4

(17-14-11-8)

◎G0
・ペヌエル
サーモメーターの場合、ライドそのものの安定はしますが、結局のところレミエルに乗っても何も問題ないどころか、ザラキエルを確保できるのであればむしろ先にレミエルに乗っている方がそれはそれで都合がいいので、優先ライドを決める必要が薄く、且つ場に残った場合にサーモメーターの場合名称の恩恵を受けれず、非常に邪魔である為、汎用性が高く名称故に残っていても問題のないペヌエルを採用。基本的に相手に対して返す札が足りない時に、ダメージゾーンのカードと組み合わせれば返せる場合に使用。

・クリティカルヒット*4
トリガーを置くプレイングを取った時に、自ら退却することが出来るならば非名称でも場に出すことが容易になる為。

◎G1
・アラバキ *4
ノータイム。序盤のアタッカーとして非常に優秀。

・ハスデヤ *4
ノータイム。使用タイミングは中盤以降になるため、優先ライド要因2。最速でザラキエルが置けた場合、中盤のアタッカーとして使用可能。

・アニエル *4
ノータイム。

・イェクン *2
結局の所、効果とかは関係ナシに純粋に名称の7kが増えるというだけで非常に安定する。優先ライド要因1であるが、効果が使えるなら使えるで非常にありがたい。

◎G2
・ラグエル *4
ノータイム。

・サリエル *3 ノキエル *1
2つ合わせて4枚という見方。
本来であれば多く積みたいのだが、G28kを四枚以上積んだ場合、後攻2T目に攻撃を返すのが困難になるため、非常に不安定になる。が、ノキエルはノキエルで必要なので、合わせて四枚という見方をとった際、優先順位としてはサリエル>ノキエルになるため、3:1での採用。可能であればノキエルは2にしたいが…

・ベカ *3
8kが減った枠に10kが入ることによって、安定感は倍以上になりました。正直他の名称9kが出てくれればそれで済む話なのですが、G2の優先ライドという役目を持つカードがやっと入ったことにより非常に安定して戦える印象になりました。

◎G3
・ザラキエル *4
結局のところ、横の25k要求☆2を何度行えるかという話なんですが、ザラキエルLB発動してから何ターンも持つなんて事あまりないのが現状。プレイングの問題か…

・レミエル *4
BRユニットの中でヴェールと一二を争う使いやすさ。コストがなにげに表になるのも素晴らしい。
3T目にはV裏をおかず、4T目にBRし、5T目にザラキエルSCB、6T目に初めて裏が必要になるという動きがなかなか。


とにかく、どんなでっきでもとりあえず最低限の殴り返しができないと話にならなくて、それ以上を求めるのはそこをしっかり整えてからかなあということに気づきました。

大会レポ 5/11 5/12

使用:守護天使
場所:いとう八王子
人数:5
形式:スイス

一回戦:不戦勝 ◎
参加者四人は、ガントレ◎-☓ドーントレス、PRISM◎-トランスグローリー☓

二回戦:ガントレ ◎
ガントレがザコとか言う前に、プレイングとマナーどうにかしてからカードゲームやってください。

三回戦:PRISM ◎
後攻3T目でライド事故しましたが後攻3T目で勝つという謎。
5点受けるまで全部ノーガードの風潮でもあるのでしょうか。



使用:Eternal song for injured.
場所:いとう聖蹟
人数:12
形式:ダブル

一回戦:アビス ◎
いくらトリガー都合よく引いたからって、こっちG2で3ターン事故ってるのに勝つってどういうことですかね。
隣でほへー君がメーティス使ってて吹いた

二回戦:ヴァーミリオン ◎
箔押しヴァーミリオン使ってて白目剥くも、相手適当すぎて負ける要素が皆無だったので終了。

三回戦:ペリノア ◎
メーティスに気づき急遽デッキを変更したほへー君戦
初手が12033と非常に重く、相手はシルバーファングライドだったので、後攻1T目ノキエルにのってサーモメーターV裏、横に☆出して2パン。
返しに3パンが飛んできて、後攻2T目、ツモはG3。アルマロスにライドしてG2ノキエルコール。溢れているG3をダメージの☆と交換して、VのアルマロスでRのシューターを叩いてなんとか返す。
この序盤のプレイングがうまく行ったのか、後は素直に戦い勝利。V裏のサーモメーターをクラッチライフルを引いたタイミングで使えたのが良かった。相手がペリノアだったので22k+セラピーの3kも刺さった模様。
相手が相手だったので、久々にいい勝利だったと思った。

四戦目:ツクヨミ ◎
ツクヨミなら領域に入る前に速攻かなと思い、果敢に攻めて行くもダメトリにより全部1パン、2パンに化けて非常に辛い。相手はSR二回の全成功。おまけにロゼンジを戻しまくるプレイングを取り、序盤に攻めていった意味が一切なくなるという辛さ。
そのまま責めるもヒール成立三回、不発1回と非常に辛く、最終的には日輪にクロス。
足りなくなり5点からノーガードするも、ヒール3枚活きだった為かなり期待できた6ヒールが成立。
ここで、相手が日輪を使いそびれる。
したらターン終了後に外野がひたすらそのことに関して真横で語り始めて、非常にクソ。
返しに勝って優勝するも、永遠に相手のプレミの事を言及していて、不愉快極まりなかったので即退店しました。
相手がプレミしたお陰で優勝したみたいな扱い受けても嬉しくないんで。

二回優勝しても一戦除いて全くもってこのゲーム楽しめませんでしたね。

【1.0】封竜

FV レッドパルス *1
☆ *6
引 *6(名称4ガトクロ2)
治 *4

G1 フランネル *4
G1 カルゼ *3
G1 リノクロス *4
G1 バー *3

G2 コーデュロイ *4
G2 ジャカード *4
G2 バーサーク *3

G3 ブロケード *4
G3 インフェルノ *4

(17-14-11-8)

○FV
・レッドパルス
クロスライドをコンセプトに据えた封竜の為、レッドパルスを採用。インフェルノを引いている場合でも使用します。
《候補》
・コンロー
方向性が変わる為、とりあえず放置。
・テリークロス
好きなタイミングで使用可能なコーデュロイ。レッドパルスを使わなくてもクロスが安定するようであれば、そのまま差し替え可能か。

○トリガー
展開補佐が無く、CR成立後には5k要求を受ける事が非常に多くなることから<引>を増加させました。
CR成立時には、V裏は<引>二種でも問題なくなります。バーに張り替えるときに効果を使用すれば問題ありません。

○G1
CR成立時のV裏バー以外は盤面に必要なカードは特にないので、柔軟に動けます。

・フランネル *4
ケイ互換。無思考で四枚。R裏が理想。

・カルゼ *3
手札交換。先攻は3T目まで機能しなくなる。バーとの枚数調整で三枚に。

・リノクロス *4
守護者。無思考。

・バー *3
CR成立時のV裏要因。封竜は盤面の名称は関係ない為、問題なく積めます。

○G2
・コーデュロイ *4
コンセプトカード。ではありますが、必要タイミングは後半な為、序盤は効果使うことはほとんどありません。

・ジャカード *4
バニホ互換。無思考。

・バーサーク *3
切り返し&非名称CB消費要因。ブロケードとの相性の都合上、後ろを焼くのが純粋に刺さる盤面が多いです。

《候補》
・ハンガーヘル
バニラ。入っていても全く問題はないのですが、対応の幅が狭い印象。ECBは安定します。

○G3
・ブロケード *4
CR元。CRの成功を最優先に置いている為、四枚確定…なのだが、溢れるとキツい。カルゼでうまい具合に処理したい。

・インフェルノ *3
メインV。LBは除去とパンプがどちらも噛みあう盤面はそうそうないです。LB時は裏が必要ないのが結構活きます。コーデュロイと同タイミングで打てたら最高ですね。


とにかくCRを狙い、相手の盤面崩壊させてから勝利パターンに持ち込むタイプ。序盤はひたすら相手に合わせて耐えましょう。
Vに乗ってるブロケードは普通に強いのですが、Rに出てしまうと弱いのが傷。

守護天使軸1

FV サーモメーター *1
☆ *12
治 *4

G1 ハスデヤ *4
G1 アラバキ *4
G1 アニエル *4
G1 イェクン *2

G2 サリエル *4
G2 ラグエル *4
G2 ノキエル *3

G3 ザラキエル *4
G3 レミエル *4

(17-14-11-8)

○トリガー
・☆ *12
アドバンテージを得る要素が一切無いため、<引>を多めに投入したくなるが、軽い条件で長期的にRの要求値が20kに到達できるこのデッキに於いて、Rに<引>を当ててもノーガードされて終わるだけになってしまい、性能が一切活かせて無いことになってしまう。
11k+9k+6kの26kラインに☆を当てて、Rから25k要求☆2で殴れるのは圧巻なため、この状況を積極的に狙っていきたい。
内訳は守護天使*4,5k*4、クリティカルヒット*4。名称持ちに関しては場に出してもLB下に於いて8kになれる上に21kラインを作る事も容易であるため、一枚程度なら場に残っていても全く問題はない。
クリティカルヒットは非名称であるが、とりあえず場に出しても効果でソウルに入れる為、序盤でのブースターには使いやすそうだ。

○G0
・サーモメーター
ザラキエルにライドし、ザラキエルをダメージに置く事が最前提条件であり、従来のデッキよりも必要となるG3が多くなるため、サーモメーターを選択。
《候補》
・ペヌエル
個人的には非常に優秀なFVだと思う。純粋に欠けている盤面を補う事が可能で、ハスデヤが裏に置かれている条件が理想形であるので、その完成が非常に安定する。
ザラキエルを最優先条件に置いた結果今回は非採用になったが、初期構築ではイェクンの枠に二枚入っていた。こちらでうまくバランスが取れるのであればこちらで運用したい。

○G1
・ハスデヤ *4
軽い条件で9kになり、LB下で12kブースターになることが可能なハイスペックカード。
V裏ないしR11k裏に置くことによって、LB時に26kを構成可能。理想盤面構築に置けるR最優先カードであるため、四枚固定。

・アラバキ *4
ケイ互換。序盤から攻撃に参加できる数少ないカード。四枚固定。

・アニエル *4
守護者。四枚固定。

・イェクン *2
余り枠。ここがペヌエルでも可能だが、その場合根本的にライド事故が怖い上に、ハスデヤとアラバキにライドしてしまう可能性が高くなってしまう。効果も数値も安定しているので、ハスデヤを減らしてイェクンを増やす安定思考もいいかもしれない。

○G2
・サリエル *4
ダメージゾーン操作要因。ザラキエルを確定でダメージに置くことが可能という、コンセプト的に最強のカードになるため、四枚固定。CB1だが、特定のカードを残したい場合必要コストは2なので注意。ザラキエルを置いた後は他の都合の良いカードを置いてレミエルやノキエルで回収するという動きが可能。単純に圧縮の用途にも使える。

・ノキエル *3
ダメージゾーン操作要因。手札調整に非常に有意で、手札にいるザラキエルを送ることが可能。コンセプト的にはサリエルに劣る。中盤にはサリエルで送ったものを回収することも可能。コンセプトの一致の為、初期は4枚投入だったが、流石に8kが8枚はG2時のパワーの低さが酷いので、一枚減少。

・ラグエル *4
バニホ互換。ハスデヤ前要因にもなる。G2が非常にパワーが低いデッキなため必須。

《候補》
・ベカ
G2時のパワーの低さが凄まじいので、可能であれば入れたいカードだが、いれただけコンセプトの成功率が下がるという二律背反。ノキエルの枠が候補。

・アルマロス
<引>を投入するのと同じ理由且つ、最初はサリエルがCB1なら普通に入るのではと思ったが、消費CBこそ少ないものの必要CBは多いことを知り終了。

○G3
・ザラキエル *4
メインV。四枚固定。ダメージに一枚、盤面に1枚の2枚が必須となる。ダメージに置くのを優先するか、ライドするのを優先するかの判断がまだ出来ていない状況。
・レミエル *4
BR持ち。サーモメーター採用の理由はあくまで『ザラキエルが複数枚必要だから』な為、こちらは1枚削っても可能だが、レミエル→レミエルが非常に高性能。序盤からザラキエルにライドして何もしないよりはよほど強い上、26k構成要因になる。正直サーモメーターなら3枚で1枚を他の枠に。4枚ならペヌエルを使ったほうがバランスはとれていると思う。

大会レポ 5/4 5/5

5/4
場所:いとう八王子
参加:12
形式:ダブル
使用:守護天使

一回戦:不戦勝 ○
なんか珍しく見ない人が大量にいましたが、強そうな人は三名ほどで、一人はゴジョーとエルモでぶん回しまくるもG3事故で散ってゆき、二人はアクフォと抹消者で潰し合いアクフォが抜けました。

二回戦:パシフィカ ○
G2で事故。相手が序盤トリガーが凄まじく、恐らく6枚くらい差が付いていました…が、
終盤からなぜか変な殴り方をしてきた為、ザラキエル完成から26kラインで追い詰めて勝利。

三回戦:トランスコア ☓
トランスグローリーを警戒して4点から殺しに行きましたが、殺しきれなかった上に返しのトランスBRで手札を全部すっ飛ばされてからの醒で終了


5/5
場所:いとう聖蹟
参加:17
形式:ダブル
使用:封竜

一回戦:PRISM ☓
相手がG2がを大量に引いていて、且つ自分3点の状態だったので、CRしないまま戦っていたら、中盤からCRするタイミングを逃した上にG3が溢れてしまい、六点ヒールされてから三点の所からの31k☆2が止まらず☆捲られて終了。
相手のトリガー率の低さが半端無かったので、かなり高確率な6ヒールと☆でした。

二回戦:不戦勝 ○
外から観戦していると、そのプレイングはあかんやろーとか思うことがすごい一杯あるのに、自分自信は全くもって勝ててないので本当に自己嫌悪になります。

三回戦:スイープディセンダント ☓
G2事故。
相手が相当甘い殴り方をしてきたので中盤から追いつけましたが、結局の所ディセンダント打たれたら無理なんですよね。


なんかもう結果残せてなさすぎて泣きたいです。
どれだけ下手くそなんですかね。
プロフィール

Author:kei_iwata
作曲したりボーカルやってたり絵を書いていたりの傍ら、ヴァンガードに没頭している一ロリコン。
twitter:kei_iwata
HP:http://kei.raindrop.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。