スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レギオン普通におもしろいじゃないか ( 【1.0】喧嘩屋 スカイビート軸)

レギオンを馬鹿にしていた俺が馬鹿だった。

G3 8枚
4 喧嘩屋 スカイビート・ドラゴン
1 喧嘩屋 スカイブロー・ドラゴン
3 喧嘩屋 ライトニングロード・ドラゴン

G2 11枚
4 喧嘩屋 スカイハウル・ドラゴン
4 喧嘩屋 ワイルドフィスト・ドラゴン
3 喧嘩屋 獄鎖の喧嘩屋 コウテンカ

G1 14枚
4 ライジング・フェニックス
4 抹消者 ワイバーンガード ガルド
3 送り火の抹消者 カストル
3 ドラゴンダンサー アガタ

G0 17枚
FV スパークキッド・ドラグーン
☆4 毒心のジン
☆4 スパークエッジ・ドラコキッド
引4 抹消者 ブルージェム・カーバンクル
治4 蠱毒の抹消者 セイオウボ
 
 とりあえずどうのこうの言う前に体験してみるべきかなと重い、喧嘩屋TDを4つ購入。スカイビートのテキストをパッと読んでも、一体退却するだけでどうすんのって感じでしたが、実際に使ってみるとすぐに理解できました。スカイビート→スカイビートは、SC2+デッキ復帰だと思うとなかなか凄まじいです。ライトニングロードは現状選択肢が他にないのでとりあえず入っていますが、締めに乗るかよほどトリガー回収が上手く行く時ならいいのかなと。FCの新規がきになる所です。スカイブローはたまたま一枚持っていたのですが、なかなかいい事故回避ユニットですね。
 G2はスカイハウルをどれだけ打てるかどうか。バニラの存在がどうにも怪しいので、こっちもさっさと抜きたい。
 G1が面白い事になります。とにかく中心はライフェニとアガタになり、ひたすらレギオンをし続けひたすらSBしていく形になります。スカイビート、ハウルとアガタの相性は素晴らしいです。カウンターがいみわからないくらい余るので、QWが待ち遠しいですね。全QWなんかでも回るんじゃないでしょうかコレ。
 トリガーが要調整ですね。手札の減りが激しいので、引は6枚から入っても良さそうでした。

 ビッグバンなんかだと、一回のレギオンをいかに適切なタイミングで打つかという感じになりそうですが、うぃんがるやビートはひたすらリソースを失わないレギオンを連打して、理想のデッキを再構築していく印象で、当面はやっていきたいと思います。
スポンサーサイト

【2.0】Duo軸

FV シズク * 1
☆ 名称 * 6
引 ファンディ * 4
引 名称 * 2
治 名称 * 4

G1 チコラ * 4
G1 ルール― * 4
G1 アリア * 4

G2 シルダリヤ * 4
G2 ローヌ * 4
G2 リッカ * 4

G3 リィト * 4
G3 メーア * 4
G3 アルク * 1

やばい強い。やばい。リッカ強すぎ。チコラ強すぎ。ファンディ強すぎ、リィト強すぎ。
最強カードはメーアであり最弱カードはメーアであるという現状を打破したい。BR非確定時はラインをしっかり構築する所が重要な気はする。

【1.0】Duo考察 火力特化型

FV シズク * 1
☆ 名称 * 8
引 名称 * 4
治 名称 * 4

G1 パラナ * 4
G1 ルール― * 4
G1 アリア * 4
G1 クーラ * 2

G2 シルダリヤ * 4
G2 ローヌ * 4
G2 リッカ * 3

G3 リィト * 4
G3 メーア * 4

 テムズ、クーラ等のDuoの象徴とも言えるユニットを全て抜き去り、安定したライン形成、火力に集中させたリィト軸。
何も考えず使えばアドバンテージを稼ぐ要素がローヌのみな為、何も強みを感じ取れないが、バウンスを活かした走り方を利用すると従来のデッキでは成し得ないパワーを出せる。気がする。

 BR未確定時のメーア先乗り、BR確定時のメーア先乗り、リィト先乗りの3パターンに分けられ、それぞれでプレイングが変わってくる。G3を引けてないメーアの先乗りの場合、本気でローヌ以外に頼れる物が無いため、かなり辛い。ウラルが欲しくなる所だが、クーラが抜けるとBRの流れが一発芸で終わってしまうジレンマ。リィト先乗り時もやや怪しくなる。

 パラナの枠がピース、新PRの枠として存在しているが、基本的に押せ押せのデッキなので純粋にパワーが安定するカードはそれだけでありがたく思えてしまう。がやはり小回りが効きにくいのが辛い所ではある。

 リッカは8kに見合った仕事はしてくれると思う。ローヌでノーコスト回収できたりもするので、場に一枚置いておいてリィトのBRで捨てる流れがなかなかおもしろい。ココを削ってクーラを増やしても回りそうではあるが、ソウルが心配。

 リィト先乗りは死亡感が最初はしていたが、いざ使ってみるとリィト先乗りでも十分戦えるどころか、意外にコッチのほうが小回りが効いていい感じ。ピースが入っている場合はこのパターンに磨きがかかるのだが、根本的なラインはやはり不安定になる。

 何かを取ると何かが欠ける、非常にいいバランスのデッキだと思います。
今後の課題としては、細かい枚数の投入でリィトが腐らないか、メーア先乗り時の補助策、シャルルの採用の可否かなと。
プロフィール

kei_iwata

Author:kei_iwata
作曲したりボーカルやってたり絵を書いていたりの傍ら、ヴァンガードに没頭している一ロリコン。
twitter:kei_iwata
HP:http://kei.raindrop.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。