スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ:グレートネイチャー テスターフォックス軸

 思いの外かなりいい感じのカードが追加されましたね。動きも独特なもので、研究のやり甲斐はあるかなと思います。
パワーパンプで17k→21k、18k→26kを狙っていきながらデメリットを帳消ししていくのはいつもどおりですが、すさまじい速度でデッキを圧縮できるポテンシャルを秘めています。

○構築

■G3 7枚
4 テスターフォックス
3 ミネット

■G2 12枚
4 バイナキュラス
4 リサーチャー
4 ランプキャメル

■G1 14枚
4 ダッグビル
4 ケーブルシープ(守護者:完全)
3 シルバーウルフ
3 テーピングキャット

■G0 17枚
FV ドングリマスター
☆4 ルーラーカメレオン
☆4 バニラ
引4 ドンキー
治4 バニラ

○各カードについて
・ミネット
 せっかくだから新しいカード使おうぜ精神。意外に強いです。
テスターが勝手にコスト回復していくので、後半にこちらのにって二発一度に打てるのはいい感じです。

・ランプキャメル
 コストが余るなら、使うカードを入れればいい。

・ルーラーカメレオン
 収録時からつい最近まで一体何がしたいんだと思ってましたが、今になって強みを理解してきました。
ターン終了時にCB1で手札に変えるG0-7kだと思えばいいのです。
トリガー率が下がるならそれ以上の速度で戻せばいいのです。

○レギオンスキル
 デザイナーズコンボとしては、テスター対象をリサーチャー→リサーチャー退却時起動、リサーチャーサーチ→テスター起動、一点回復、1ドロー、ボトム2枚送りで、実質ノーコストで動けるよ、という話でしたが、これを逆にCB1を支払う事でそれ以上の動きがこなせるようになります。
 
 エンド時、リサーチャー退却→【テスター起動、1ドロー、2枚をボトムに】→リサーチャー起動、CB1サーチ
 
 CB1を追加で支払う事により、テスターの効果でボトムに送ったトリガーをそのままシャッフルしたり、ドロップに落ちていたテスター、リサーチャーを回収することができます。これが非常に便利で、トリガーで序盤をしっかり守ればあとはひたすらそれを戻していく事が可能です。序盤の動き次第で、中盤からの戦い方は大きく変わる印象でした。

FVをマーモセット、G3を8枚にするのでもいいかなと考え中です。
スポンサーサイト

貴方はなぜそのカードを使うのか。

 搭載しているカードを如何にして使わないかを考える人。今すぐそのカードを抜け。
搭載しているカードの要素が他カードより劣っている事に嘆く人。今すぐそのデッキ捨てろ。

 例えば、Vスタンドが数多くある中、それぞれ違った個性があったりします。それは要件であったり、サポートするユニットの種類、性能の話であったり、付加要素であったり。違うカードなんです。違うクランなんです。違う動きなんです。
それに対して一々悲観するのであれば、最初から使わなければいい。使わない方法を探る位なら、抜けばいい。そんなことばかり考えます。

 自分で言っておきながら、抜けばいい、という思考は正直嫌です。マルティナにしろフェニックスライザーにしろ、弱いから抜いた結果G3-4枚構築、と言うのはなんか悲しいです。いや、コレは完全に自分の性格以外の何でもないし、ライザーはそれ以上に猫の存在が起因でしょうけれども。

 1つのカードが複数の仕事をしたら強いのであれば、複数の仕事を与えてやれば良い話で、それができる動き、構築をすればいいのです。
プロミネンスがライザー、ヴェラの劣化だの、リヴィエールが弱いだのを嘆く前に、どうしたら仕事が出来るのかを考えてやればいい。
 
 それが嫌なら最初からコピーデッキを使えばいい。
プロフィール

kei_iwata

Author:kei_iwata
作曲したりボーカルやってたり絵を書いていたりの傍ら、ヴァンガードに没頭している一ロリコン。
twitter:kei_iwata
HP:http://kei.raindrop.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。