スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レシピ:根絶者 その2

○構築 その2
■G3 9枚
4 威圧する根絶者 ヲクシズ
4 並列する根絶者 ゼヰール
1 突貫する根絶者 ヰギー (0→1)

■G2 11枚
4 貪り喰う根絶者 ジェヰル
4 並列する根絶者 ゲヰール
3 追撃する根絶者 ヱゴット

■G1 13枚
1 速攻する根絶者 ガタリヲ (4→1)
4 心酔する根絶者 グヰム (3→4)
4 略奪する根絶者 ガノヱク (3→4)
4 拒絶する根絶者 ヱビル(守護者:完全)

■G0 17枚 (7:5→8:4)
FV 遊泳する根絶者 ニヱ
☆4 進撃する根絶者 メヰズ
☆4 蹂躙する根絶者 ヲルグ
引4 謳歌する根絶者 マヱストル
治4 責苛む根絶者 ゴヲト


・状況が整い、動き出せばとても強い
→状況が整うまでが弱い。《引》やガノヱクが機能するタイミングで攻めこまれ、《引》を巣引いているとどうしようもない
→でも《引》が無いと手札が足りない。必要なパーツが引き込めない。
→→ならば、必要なパーツを増やせばいい

強いと思う行為に全力を向ければ、結果が出てくれるデッキな気がして非常に面白いです。
R用Vのヰギーを一枚挿したことにより、2枚程度G3を引いた所からのニヱでも7枚残るので、従来のVG並にはキャッチできると思います。G3なのでなんの躊躇もなく場に出しても問題なく、不要になればヲクシズなりゼヰールなりで処理できます。最序盤に引きこまなければ、G3は多くて何とかなりそうです。最序盤に引き込みまくって死んだら考えなおします。

常連の凸者さんとミラーしましたが、根絶者に於ける強い動きの見解は一致しているように思えました。
試合はゼヰ―ルにお互い3回くらい乗り直すゲームでした。
スポンサーサイト

考察&レシピ:根絶者に関して、考察、解説。

○構築 その1
■G3 8枚
4 威圧する根絶者 ヲクシズ
4 並列する根絶者 ゼヰール

■G2 11枚
4 貪り喰う根絶者 ジェヰル
4 並列する根絶者 ゲヰール
3 追撃する根絶者 ヱゴット

■G1 14枚
4 速攻する根絶者 ガタリヲ
3 心酔する根絶者 グヰム
3 略奪する根絶者 ガノヱク
4 拒絶する根絶者 ヱビル(守護者:完全)

■G0 17枚
FV 遊泳する根絶者 ニヱ
☆4 進撃する根絶者 メヰズ
☆3 蹂躙する根絶者 ヲルグ
引4 謳歌する根絶者 マヱストル
引1 搾取する根絶者 ヰド
治4 責苛む根絶者 ゴヲト


◎最前提


① ヰゴール4枚は論外
② ただデリートをするだけでは非常に弱い。デリートをした際に、付加価値を付けるか、デリートという行為そのものを連 打する状況を作る
③ 根本的に要求値を上げて殴るタイプのデッキなので、真っ直ぐ行ったほうが得策


① ヰゴール4枚は論外

 事故を起こして戦わずして死にます。勝つ前に下らない負けをしない事を考えましょう。


② ただデリートをするだけでは非常に弱い。デリートをした際に、付加価値を付けるか、デリートという行為そのものを連 打する状況を作る

 これが一番重要に思えます。デリートという行為そのものが非常にコストが高い為、ただデリートするだけでは割に合いません。この事に対する対処法は3つです。

(A)デリートという行為その物を強力にする → ゲヰール、グヰム
(B)デリートのコストを緩和し、連打を狙う → ジェヰル、ヰゴール
(C)デリートのタイミングを調整し、要求値をストレートにアドバンテージに直結させる → ヱゴット、ガタリヲ

この何れかを満たしている状態で、デリートスキルを発動します。どれかを満たしている事が最低条件で、重複したり、連鎖した場合は強いです。どれにも該当しない場合は弱いです。ヒール期待になります。


③ 根本的に要求値を上げて殴るタイプのデッキなので、真っ直ぐ行ったほうが得策

 上記の(C)に該当します。調節アドバンテージを取るタイプのデッキではない上に、☆上昇等のスキルがある訳でもないため、臆せず真っ直ぐ行ったほうがデリートの影響が素で響く為、勝ちに直結します。つまるところ、基本は基本という事でした。


◎トリガー比率

 試行錯誤中。個人的に、特別なアドバンテージ要素がないデッキ、コンボ要素の強いデッキは6:6から始めるのですが、ガノヱクの存在から☆に一枚寄せます。


◎各カード解説

・ヲクシズ
 思ったよりも器用に動きます。基本的にはこちらで戦いたいです。盤面からソウルに入る為、先に《引》などは展開してしまい、火力に変換した後に無駄なく吸収したいです。こちらで戦う場合、ガノエクがストレートに活きます。スキル打つタイミングでは基本的にはジェヰルを一緒に出したいです。

・ゼヰ―ル
 弱い弱い言っている人は素直に他のデッキ使ったほうがいいと思います。レギオンという行為その物の価値を考えましょう。
後に繋げる動きがとにかく重要です。乗るタイミングは、ヲクシズからのタッチ、後述するニヱからのルート。

・ジェヰル
 デリートコスト回復。当たらないという人は当たる状況を考え、作りましょう。

・ゲヰール
 デリート威力増加。タイミングが合わないと思ったら出し惜しみをしないように。

・ヱゴット
 パンチャー。展開力が弱い上にガノヱクが居るので、無難に強い。

・ガタリヲ
 デリート時に単体で15k要求に化けるのがセクシー。

・グヰム
 デリート威力増加。試行枠。動けるためのカードが多いほうがデリートそのものが安定する、という理屈の元に。

・ガノヱク
 構築を悩ませる全ての元凶。デッキタイプから間違いなく相性が良く、G3とはどちらとも噛み合う。しかし、FVヰゴールの場合、G3ライド時まで確実に腐る。FVニヱ時、2ターン目にジェヰルライド→ニヱ→ガノヱクの最強の動きが可能であるが、ジェヰルに乗れてない場合、ヒールを咬まない場合ヲクシズが非常に辛い。(ゼヰールのルートへ移行となる)。結果、非常に使いたいカードだが、機能するタイミングがどうしても少し遅くなる為、3枚に。

・ニヱ
 リクルーターの黒門を入れない為、単純に安定性を取りたい。上記の2ターン目のコンボの存在。ゼヰールへの移行。

(・ヰゴール)
 FVであるならば、デリートのコスト回復が焼かれない限り確定している所から始まるので、非常に強力。代償として、ライド事故率が上昇。ガノヱクが確実のG3ライド時まで腐る。ドロー多めの構築ならいいかも。黒門の搭載も。こっちはこっちで考える価値は十二分にある。



とりあえず、発売日から少し回しただけでまともに考えては居なかったので、まずある程度までまとめました。
やっぱり、用意されたカードをどこまで使いこなすか、が大事に思えます。

CS欠場してしまいました

飛び起きたら11時。チームメンバーからの着信の嵐。頭真っ白になりました。
前日、あれだけ準備して、普段より早めに就寝して、目覚ましも早めにセットして、どうしてこうなった。普段の仕事でもこんなこと一度もないのに、なんでこんな時に…
僕が今まで力を注いでいたのは、一体何だったんだろうと思いました。チームメンバーの二人に合わせる顔もありません。
VGを辞める、とまでは言いませんが、しばらくは身近な人間と接せる気がしません。

とりあえず会場に行ってサブイベントだけでもと一瞬思いましたが、ただでさえ迷惑かけてるのに主催の人に挨拶しに行く勇気もなく、一時間くらいボーっとしてました。
流石に折角の土日の休日をこんなんで過ごすのは勿体ないので、近場の小さいショップ大会に出てきました。

店舗:トレカスタジアム多摩センター
使用:解放者
形式:8人スイス

一回戦:根絶者 ○
割りとしっかりと戦う人でした。相手四点表2点ライドヲクシズの状態から、ヲクシズ警戒して横殴ったのが完全にミスでした。ハンドにゼイ―ル見えてました。相手がトランペッターを潰してきたので帳消しになった感がありますが、このミスは非常によろしくなかったです。
ダメージコントロールがうまくいき、4→3ヒールを2回決めたのが勝因かなと。

二回戦:ジョーカー ×
大会前のフリーを観戦してたら民度クソ低いなとか思ったんですけど、対戦したら割りといい感じの子でした。うるさかったしチェックめっちゃ早かったけど。
先攻初手がブルーノブルーノ定め定めG0で、FVもクロンだし事故ってもアグロ弾けば戦えるからまあいいかとか思ってたら、クロン不発し、試合終了までG3もアグロも一切見えないまま死にました。流石に諦めが付くけど、ここまでキツいのは散々解放回してて初めてでした…
パンチ待ったく止めてこなかったので、アグロ一枚でも引けてればなーとは思いましたが、こういう試合でもどうすれば勝てたかみたいなのを考えていきたいですね。
隣の卓の構築めっちゃ弱そうな煉獄がマシニングに対してハイパードヤってた上にギャラリーが更に煽る構図がやばすぎた。オバグレVスタ忘れんなよ。

三回戦:マシニング ○
地元では有名な女性。使用デッキが二年以上前から一貫して変わっていないのは素晴らしいと思う。
さっきとは打って変わってハンドが完璧で、相手も序盤のガードをしてこないので割りと安心して戦えてたんですが、Vスタンド封じを3回食らったのはかなり強かったです。内2回は再ライドで返せましたが、一回モロに食らったのが痛かったです。


試合後、オバグレのLRを1セット購入。4k。相場はよくわからないけど、グレート1ネオフレイム3足りない状態で、普通にグレートとネオフレを買ったら2kで、LRが4kなら別にいいかなと買ってしまった。
これでボーテックスがLR、SP、RRR2に対してオバロがLR2、SP、RRRになりました。折角なら揃えちゃおうかな…
最近、自分が使うデッキが本当に限られている上に本当に同じデッキをずっと使ってられる人間だと理解したので、それなら新しいデッキ作るよりもひとつのデッキをこだわってしまったほうがいいかなあと…なのでプロミネンスコアのLRをあと3セット買ってしまおうかなあと…
グレアはSPちょっと高いのとRRRの光り方かっこ良くて好きだからアレでもいいかな。

夕方からは八王子の大会に参加します。LRあったら買ってきます。ジョーカーは売ろう。

プチヴァンガCS前日

二回目のCS前日です。チーム戦です。
前回に続き、解放者を使用しますが、内容はかなり変わってきてます。環境は遅くなったという話ですが、解放者は逆に攻撃面でかなり加速しました。というより防御型がリンクとオバロの存在から腐ってしまったので、グレアに乗じて攻めるしかないという感じですが。

つい昨日まで、G3-9枚、チアーアップスタートの対リンク特化型でずっと回していましたが、メンバーとずっと回した結果12戦中4回事故を起こし、予選で最低でも8戦戦うマッチ戦でそんな不安定なデッキを持ちたくない、という理由から前日になって従来の形に変更を決めました。
そこに、八王子CS参加表明前に使ってたメリアグランスを突然再投入する暴挙に。これで失敗してしまったら猛反省ですが、今のところ使い方を間違えなければいい感じ…グレアには寄る。

リアル友人二人との参加ですが、二人ともそこまで積極的じゃないのが残念。僕自身の本気さは見せてたつもりですが、結局軽いノリで参加する流れになりそうです…とりあえず、自分自身の成績をしっかりと取って、後は託したいと思います。

最大の不安点は、リンクとオバロをメタる事により逆にノーケアになったしまったシングと、全然プレイできなかったグレアミラー。特に後者はぶっつけ本番になりそうなので、とても不安です。

後は、前回は緊張のあまり一回戦からいつものプレイができず撃沈したのと、午前終了時に体調不良でリタイアしてしまったので、しっかりと対策をして臨みたいと思います。

プロフィール

Author:kei_iwata
作曲したりボーカルやってたり絵を書いていたりの傍ら、ヴァンガードに没頭している一ロリコン。
twitter:kei_iwata
HP:http://kei.raindrop.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。